富士ステークスはコンピワンイズムの対象レースでした。

今日行われた富士ステークスはコンピワンイズムの対象レースでした。


コンピワンイズムとしては不的中に終わりましたが、先日の記事でお伝えしたようにコンピワンイズム対象レースで複勝率ランキング1位のルメール騎手が4番人気2着でした。


%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9
(参考記事)コンピワンイズム対象レースで複勝率の一番高い騎手は?


複勝率ランキング2位戸崎騎手のヤングマンパワーが1着だったので、ランキング上位のワンツー決着だったともいえますね。


またコンピワンイズムの対象レースということは波乱が期待しづらいので、上位人気馬に絞って狙うというのも手かと思います。


明日の菊花賞もひょっとしてコンピワンイズムの対象レース??もしそうであればやっぱルメールのサトノダイヤモンドは消しにくくなりますね。


>>コンピワンイズムのレビューはこちら



あと今日の富士ステークスは、ITエージェンシー系ソフトが指数できっちり上位評価していました。


・オッズ分析ソフトPHANTOM ・・・ P指数(朝一)4位→1位→3位
・単撃ロボ         ・・・ 爆撃P2位→1位→6位
・単撃ロボ2evolution    ・・・ 能力P4位→1位→4位 


明日の菊花賞もかなり期待してます。



コメントを残す

このページの先頭へ