オリンピックデイがねらい目だった理由。これだけを続ければ負けない。

1月29日(土)の開催で個人的にもっともねらい目だと思っていたのが小倉12Rのオリンピックデイ(4番人気2着)でした。





もちろん単勝を期待していたのですが惜しくも2着という結果で収支はほぼトントンでしたが、まずこのレースが最終レースだったという点がポイントです。


いつも朝一オッズの時間帯(9:40頃)になると、sisetuchoは最終レースのオッズ断層表をチェックします。


1月29日(土)であれば東京・中京・小倉の最終レースの中で馬連順位に対して単勝馬券が売れている馬をチェックするのですが、この日は小倉12Rの⑮オリンピックデイが馬連順位3位に対して単勝1番人気に支持されていました。


こちらが小倉12Rの朝一オッズ断層表です↓



まあ、単複差が2なのであまりインパクトのある異常とはいえませんが、xyz馬券術のジャッジメントをチェックするとこの馬が推奨穴馬の1頭目として選出されていることに気づきました。


ジャッジメントの画像がこちら↓



この時点でオリンピックデイは穴馬としてこれから徐々に人気を下げていくことが想定され、実際に締め切り直前には4番人気まで人気を下げてくれました。


さらにAIバスターのデジ指数順位2位とか、MONSTER11の指数1位(無欠馬)などと高評価だったこともありここは単勝まで期待しましたが。。


でもこの最終レース×朝一異常馬×ジャッジメント推奨穴馬を狙うだけでトータルでは負けないと思います。


毎週出現するわけではありませんが、XYZ馬券術を購入すれば異常オッズエージェントというオッズ分析ソフトとジャッジメントを無期限ライセンスで使えるので、ぜひ活用されてくださいね。




コメントを残す

このページの先頭へ