京都金杯はジャッジメントとパフォーマンスホースEXのワンツー決着!

1月5日(水)に行われた京都金杯はジャッジメント推奨穴馬が1着でパフォーマンスホースEX選出馬が2着となり馬連配当は14680円もつきましたよ!





同じ日に行われた中山金杯はパフォーマンスホースEXとジャッジメントのW選出馬レッドガランが勝利して単勝1590円の的中でした。



京都金杯でもこれらロジックのW選出馬が2頭出現していましたが、残念ながらいずれも着外に。


ですがこのレースで1着にきたのはジャッジメント推奨穴馬の1頭⑦ザダルで単勝配当は1390円。そして2着にはパフォーマンスホースEX選出馬の⑪ダイワキャグニーで11番人気2着でした。


個人的には朝一オッズで唯一の単勝断層馬だった⑪ダイワキャグニーに注目していたんですよね。


京都金杯の朝一オッズ断層表↓↓




締め切り直前ではオッズ断層解体新書でも選出となったので、この馬には特に注目していましたが惜しくも2着まで。


ちなみに⑪ダイワキャグニーについては、AIバスターでもデジ指数1位でした。




AIバスターは勝負レース(お宝ホース出現レース)でなくても全レースの指数が表示されます。


指数1位が今回のダイワギャグニーのような穴馬であれば特に注目するのがおすすめです。




コメントを残す

このページの先頭へ