京都大賞典激走のマカヒキはパフォーマンスホースEX唯一の最終軸馬でした。

10月10日(日)に行われた京都大賞典は単勝9番人気のマカヒキが勝利(単勝3210円複勝770円)しましたが、この馬はパフォーマンスホースEXの軸馬選定ルール4を唯一クリアした馬でした。





ここ最近、パフォーマンスホースEX選出馬の激走が続いていますが、中でも軸馬選定の最終STEPとなる軸馬選定ルール4からの激走が目立ちますね。


このレースでは軸馬選定ルール4から1頭しか選出されていないので、この時点で馬券には絶対に押さえておくべきだといえますが、実はこの馬はジャッジメント推奨穴馬としても選出されていましたよね。





重賞で強いと散々このブログでもお伝えしているイージスファイナルでは、⑧マカヒキと⑪キセキとのワイド3120円を的中させました。




さらにはマカヒキはゾーンレベルのインサイダーレベルでもSで選出(最終的には消滅)されていたので、かなり激アツな穴馬だったことがわかります。


重賞戦はこういう様々なロジックで重複して選出されての激走というパターンが多発する条件でもあるので、これらのツールを活用してあっつい的中馬券を手にしてみてくださいね。






コメントを残す

このページの先頭へ