端数勝負馬券法が人気薄馬を選出したら複勝狙いがポイント!

端数勝負馬券法は本命寄りの単勝馬券が基本の馬券術ですが、人気薄馬が選出されることも度々あって2~3着に激走するケースも多々みられるのでぜひ注目されてみてください。





この人気薄選出馬の激走については以前にもブログで触れていますので参考にしてみてください↓

端数勝負馬券法の選出馬が1頭だったら複勝狙いも良さそう!
11月10日(日)福島12Rは端数勝負馬券法の選出馬が1頭のパターンで、選出馬⑥データヴァリューは単勝6番人気…


さて、先週のケースでいいますと5/17(日)新潟12Rの単勝12番人気3着カルロスミノルが端数勝負馬券法の選出馬で、このレースでは2頭が選出されていました。


1頭選出馬の期待値が一番高いとは思うのですが、2頭選出の場合でも特に複勝であれば穴馬の激走は期待できます。


5/16(土)京都11Rも2頭選出レースで、その2頭ともに3着内に入りました(7番人気2着&1番人気3着)しこういうレースでは人気のない7番人気の方を選択して複勝狙いをしてみてもよさそうです。


また1頭選出馬の先週の的中例としては、5/16(土)新潟12Rの単勝570円(複勝180円)などが挙げられますが、1頭選出と2頭選出のパターンに絞って狙ってみるのがsisetucho的におすすめです。


端数勝負馬券法のレビュー。買い目出しエクセル特典付き!
川本匡氏からリリースされました端数(はすう)勝負馬券法のレビューです。



コメントを残す

このページの先頭へ