大阪杯のアルアインも該当。G1戦におけるディープインパクト産駒の好走データ。

先週の大阪杯(G1)ではディープインパクト産駒のアルアインが9番人気1着。2018年以降のG1戦におけるディープインパクト産駒の好走データと、このデータを有効に活用できるツールをご紹介します。





こちら(↑)が2018年以降のG1戦におけるディープインパクト産駒好走データ成績ですが、トータル(7-3-6-18)勝率20.6%連対率29.4%複勝率47.1%単勝回収値285円複勝回収値138円を達成しています。



このG1戦&ディープインパクト産駒の好走データの詳細がこちらです。

今走オッズ条件
単勝1~9番人気かつ単勝オッズ1.0~29.9倍
前走条件
3コーナー1~10番手かつ前走1~9着
馬齢
2~5歳

これらすべてをクリアしたディープインパクト産駒が2018年以降のG1戦で大幅なプラス回収を達成しています。


先週の大阪杯を9番人気で勝利したアルアインもこのデータに該当していました。


でも、こういう高期待値データって実際の馬券予想の時にはすっかり忘れてしまい、あとで思い出すことが多いですよね?


そこで大きく役立つのがBKセレクトの馬券法設定です。


●BKセレクト馬券法設定(本走設定)


●BKセレクト馬券法設定(人設定)


●BKセレクト馬券法設定(前走設定)



本走設定・人設定・前走設定と馬券法名を登録すれば完了です。


この設定を行っておけば、競馬開催日に該当馬が出現すれば自動的にソフト上に表示される仕組みとなっているのでとても便利なのです。


もちろん、この好走データも永久に使えるものではないので、都度データを修正したりすることも簡単ですし使えなくなれば消去できます。


リアルタイムにプラス回収を達成しているデータをいくつも持つことが馬券で利益を出すための近道でもあるので、そのためにBKセレクトをぜひお役立てくださいね。



コメントを残す

このページの先頭へ