先週の3重賞はすべてMONSTER指数1位馬が勝利!極選やファイブスターとの合わせ技も成功。

先週は土曜日に紫苑ステークス、日曜日に京成杯オータムハンデとセントウルステークスが行われましたが、1着馬はすべてMONSTER10の指数1位馬でした。




京成杯オータムハンデについてはMONSTER指数1位が2頭出現したため、3重賞トータルでの成績は(3-0-0-1)単勝回収値272円複勝回収値110円でした。


重賞戦のMONSTER指数1位は複勝狙いが良い?あのロジックとの組み合わせも良さそう!
今年の重賞戦におけるオッズ分析ソフトMONSTER10の指数1位馬成績を調べてみました。

(↑)先週更新した記事では、重賞のMONSTER指数1位馬は勝ちきれない状況が続いているので回収率面からも複勝狙いが良さそうとお伝えしました。


ところが先週の3重賞では指数1位馬がすべて勝利したというわけで、MONSTER指数が重賞戦にフィットしてきていることを示していると思います。


また、同じく先週更新した記事で極選競馬投資法やファイブスターとの相性の良さを指摘しました。


先週の3重賞では、MONSTER指数1位+極選単勝率1~2位が(2-0-0-0)単勝回収値272円複勝回収値110円。


そしてMONSTER指数1位+ファイブスター☆4or5が(2-0-0-1)単勝回収値253円複勝回収値100円とどちらも好成績でした。


今週は障害を含む重賞戦が3鞍組まれていますので、ぜひMONSTER10にも注目してみてくださいね。


オッズ分析ソフトMONSTER10のレビューと爆走特典!
MONSTER指数がより稼ぎやすく進化 これまでのMONSTERといえば指数精度は高いものの、プラス回収を達成…



コメントを残す

このページの先頭へ