プレミアムモンスター2のユーザーサイトが更新されていました。

いつ更新されたのか不明ですが、プレミアムモンスター2のユーザーサイトが更新されていました。



で、ユーザーサイトのどの部分が更新されていたかというと自動モードの参考設定です。当初は推奨設定として1つの設定方法が公開されていたのですが、今回はより低リスクに自動購入を行える設定方法が2つ(低リスク型A・低リスク型B)公開されています。これはたぶんユーザーさんの希望によってITエージェンシーさんが対応されたのではと思いますが、実際に今回追加された2つの設定を検証してみました。



まずは低リスク型Aです。検証期間はとりあえず2014年8月~9月14日までの1ヶ月半。


■投資レース数・・・107レース
■的中レース数・・・21レース
■的中率   ・・・19.6%
■投資金額  ・・・268000円
■払戻金額  ・・・369010円
■収支    ・・・101010円
■回収率   ・・・137.7%



前開催日の損金を翌開催日に繰り越す設定にしているのですが、これを繰り越さない設定にすると以下の成績になります。



■投資レース数・・・107レース
■的中レース数・・・21レース
■的中率   ・・・19.6%
■投資金額  ・・・181000円
■払戻金額  ・・・223960円
■収支    ・・・42960円
■回収率   ・・・123.7%



損金を引き継がない分、収支及び回収率は下がりますが、個人的にはこちらの方がよりリスクが低くて現実的な印象を受けます。




つづいて低リスク型Bです。検証期間は先ほどと同じく2014年8月~9月14日までの1ヶ月半。


■投資レース数・・・79レース
■的中レース数・・・8レース
■的中率   ・・・10.1%
■投資金額  ・・・348600円
■払戻金額  ・・・440580円
■収支    ・・・91980円
■回収率   ・・・126.4%



こちらも損金を引き継ぐ設定なのですが、これを引き継がない場合は以下の成績です。




■投資レース数・・・79レース
■的中レース数・・・8レース
■的中率   ・・・10.1%
■投資金額  ・・・64200円
■払戻金額  ・・・79780円
■収支    ・・・15580円
■回収率   ・・・124.3%



低リスク型Aと低リスク型Bの違いは大まかにいえば、低リスク型Aの方が追い上げの傾斜が緩やかという点と、低リスク型Aは投資停止設定がなくて、低リスク型Bはその日に1回的中した場合に投資終了になるという点です。どちらかというと低リスク型Aの方がよりリスクが低い印象ですね。



もちろんこの設定を基本にして独自に細かい設定を行うことができますので、いろいろなシュミレーションを試して自分の投資スタイルに合わせた設定でプレミアムモンスター2の自動購入を実践されてみると良いと思います。



→ プレミアムモンスター2のレビューページはこちら






コメントを残す

このページの先頭へ