蘆口さんの指数はこの条件が苦手です。

蘆口さんの指数には苦手条件がありますが、その中の1つに2歳限定戦というのがあります。なぜ2歳限定戦が苦手かというと、データ検証に伴う母数が少ないことなどだそうですが、こういう条件はきっちり除外した方が良いです。



例えば先週行われた重賞レースは2つ(キーンランドカップと新潟2歳ステークス)ありましたが、新潟2歳ステークスはレース名の通り2歳限定戦です。



重賞レースでは指数上位馬で決着しやすいのがMONSTER指数の特徴の1つではありますが、昨年の新潟2歳ステークスでは指数4位→17位→1位と指数下位馬からの激走もあったように、指数上位馬をそのまま3連複ボックス買いするのは危険だと思います。



そして今年の新潟2歳ステークスもやはり指数下位馬から好走馬が出ました。


新潟2歳ステークス


指数7位→12位→8位での決着。


新潟2歳ステークス


オッズ断層表でも全馬券断層が3本もありますので大荒れは期待できず、むしろ人気上位馬から複数馬券になりそうな印象を受けます。なのに人気上位馬のMONSTER指数は軒並み低くてという、どう狙ったら良いか判断がつかないです。MONSTERで予想するなら見送った方が良いレースだと思います。



シンプルに指数上位馬を狙いたいなら札幌11Rキーンランドカップの方でしたね。


キーンランドカップ


指数1位→4位→2位での決着で3連複4610円を的中しました。



苦手条件をしっかり見送って、配当が期待できそうなレースにだけ参加するのが最もMONSTER7を活用できる方法だと思います。



→ オッズ分析ソフトMONSTER7のレビューはこちら









コメントを残す

このページの先頭へ