単勝20倍未満のポケット馬が激走しました。

個人的にもかなり注目度の高いオッズ断層の1つに
ポケット馬というものがあります。



これは馬連・単勝・複勝すべての馬券の直前直後に
オッズ断層が発生している状態です。



特に単勝20倍未満の馬は高い激走率を誇りますので、
直前5分前あたりのオッズでポケット馬を見つけたら
確実に押さえておくのが良いと思います。



先週でいえば、6月29日の阪神10Rサイレンススズカカップ。


ポケット馬


⑥タガノグーフォに注目すると、
すべての馬券の直前直後にオッズ断層が入っていますよね?



見た目がポケットのようなのでこのような断層名がついているようですが、
タガノグーフォの単勝オッズは20倍未満で、
より馬券的期待値の高い状態だと判断できます。



蘆口氏の書籍には単勝30倍未満までとなっていますが、
特に20倍未満になると期待が膨らみます。



単勝と馬連の1番人気と2番人気の間に大断層が入っていたので、
正調のポケット馬とまではなりませんでしたが。



それでもタガノグーフォは1着に激走しました。


タガノグーフォ


MONSTER7的にはMONSTER指数5位でしたし、
単複で狙いたい馬でしたね。



また、ポケット馬に近いオッズ断層で、
複勝の直前のみ断層がなくなっている場合があります。



同日の函館6R↓

逆L字型断層


こちらは逆L字型断層といいますが、
⑩リアライズクレアがその対象馬です。



結果リアライズクレアが勝利しました。

リアライズクレア


ちなみにリアライズクレアのMONSTER指数は3位でしたので、
こちらも積極的に狙いたい馬でしたね。



オッズ断層とMONSTER指数を組み合わせるのも
効果的な戦術だと思います。



▷ オッズ分析ソフトMONSTER7のレビュー


コメントを残す

このページの先頭へ