SN指数の活用法を解説いたします。

ビクトリーオッズには様々な指数がソフトへ表示されます。

それぞれの指数にはいろいろな役割がありまして、
今日はSN指数について触れてみたいと思います。



こちらは先週9月28日に行われたシリウスステークスの
ソフト画面です。

シリウスステークス2013


ここで今回確認していただきたいのが、
「SN指1」と「SN指2」のところです。


これらはどちらもSN指数と呼ばれるものなのですが、
この指数の意味は能力以上に人気しているのか、
それとも能力の割には人気になっていない馬を見つける為の指数です。


「SN指1」と「SN指2」の2つがあるのは、
オッズの取得時間の違いによるものです(大まかに言えば朝と昼)。



ちなみに指数値50を基準として、
赤色で表示されている馬は能力以上に人気になっている馬で、
青色で表示されている馬は能力はあるのに人気になっていない馬です。


1レースにつきそれぞれ2頭ずつ表示される仕組みになっています。



もう一度、シリウスステークスの出馬表をご覧ください。


シリウスステークス2013-2


単勝1番人気サトノプリンシパルが赤色表示されていて、
SN指数は28.1~29.4です。


基準値が50.0ですから、かなり過剰人気されていると判断できますね。


結果シリウスステークスではサトノプリンシパルは15着凡走。


イメージとしては、サトノプリンシパルのような、
押し出された危険な上位人気馬を見抜くことができる指数という感じです。



一方、赤色表示や青色表示されていながら人気が無い馬は、
爆走するケースもありますので注目しておいた方が良いでしょう。



もちろん、SN指数単体に頼るものではありませんので、
予想する際のファクターの1つとして活用いただくのが良いと思います。



ビクトリーオッズのレビューと特典案内













コメントを残す

このページの先頭へ