指数上位ボックス買いor見送りするレースパターンとは?

ビクトリーオッズは指数総合順上位馬を狙うのが基本スタンスです。


例えば先週の土曜日の新潟メインでは指数上位5頭で3連複11,200円や
日曜日の新潟メインでも指数上位5頭で3連複10,650円の的中。




通常のビクトリーオッズの狙い方としては、
朝一異常馬【特A,A,特Bなど】のいるレースで指数上位馬への少点数流しが有効です。



先週土日の新潟メインレースはともに朝一異常馬はいませんでしたし、
こういったレースでは指数上位のボックス馬券か見送りが正解。



じゃあ、具体的にどんなパターンで見送りorボックスが有効になるかといえば、
先週土日の新潟メインレースのようなレースパターンです。




10月26日(土)新潟11R
ビクトリーオッズ新潟メインレース


10月27日(日)新潟11R
ビクトリーオッズ新潟メインレース2





この2つのソフト出馬表を見てみると、とっても似ている印象を持ちませんか?



特に青枠内の部分に注目です。



指数上位馬の多くにピンク色表示がされていますよね?



そして青色表示されている馬が少ないのも共通点です。



実はピンク色表示されている馬というのは単勝に異常投票が入っていると見られる馬で、
青色表示されている馬は複勝に異常投票が入っていると見られる馬です。



ピンク色表示馬が多数存在するということは、
指数上位馬が拮抗している状態を示していて、信頼できる軸馬が見当たらないことを表しています。



また青色表示馬(複勝に異常が入っている馬)が少ないこともポイントです。



こういうレースでは見送りするか指数上位馬に絞ってボックス買いするかという作戦が有効になります。



人気馬でなく指数上位馬をボックス買いするので、
結果的に高配当も期待できるという点では破壊力は十分だと思います。




どうぞ参考にされてください。




ビクトリーオッズのレビューと特典のご案内ページ









コメントを残す

このページの先頭へ