神戸新聞杯2013年のMONSTER予想解説

オッズ分析ソフトMONSTERver.6を使用して
神戸新聞杯の3連複を的中させた流れを解説いたします。



20130922hansin11-2


なお完全バージョンは特典サポートブログを参照くださいませ。


1.軸馬と相手馬の決定。

どの馬へレース直前に大量投票が断続的に入るかが
軸馬選定のポイントですが、神戸新聞杯の場合だと
完全にエピファネイア1頭でした。


神戸新聞杯丸裸

5分前に複勝663万円が入っていますし、
時系列的にみてもこの日だけで異常投票回数は204回。


神戸新聞杯単複合計シェア

200万円を越える単複への「超」投票が18回もあったということで、
軸にするならMONSTER的にはこの1頭しかいません。


そして、相手馬には直前丸裸で異常が確認できるラストインパクトと
サトノノブレスを。



2.ヒモ馬の選出


神戸新聞杯上位人気信頼度

神戸新聞杯は万馬券指数も低く、上位人気信頼度も高いレース。

そしてMONSTER予想家の印を確認すると、
全体的に印が上位馬へ固まっているのが確認できます。

神戸新聞杯MONSTER予想家


このようなケースでヒモ馬を選出する場合は、
印が重複している馬と穴侍のつけた印になります。


もしくはオッズを確認した上で印のついている馬全体を
ヒモ馬としても良いと思います。



1.~2.についてのもうちょっと詳細な解説と、
購入馬券の決定方法については特典サポートブログで公開しています。


今週から始まるG1レースの予想の参考にもぜひご活用くださいませ。



オッズ分析ソフトMONSTERver.6のレビューと特典のご案内











コメントを残す

このページの先頭へ