昨年のプロキオンS好走馬に共通する点など

昨年のプロキオンSは単勝12番人気トシキャンディが
優勝して単勝万馬券決着でした。


昨年からプロキオンSは中京にて開催されるようになりましたが、
2012年の1~3着馬にはある共通点があります。


それは、父か母父がミスタープロスペクター系だという点。


そしてこれら1~3着馬はミスプロ系×サンデー系であったという。


これはなぜかというと、
中京ダート1400M戦が芝からのスタートになることが大きいのではと。


スタートしてダートコースに入るまでに200Mを走らなければいけないので、芝向きの適性が求められるレースになるのです。


だからこのコースはクロフネやゴールドアリュールといった
芝ダート兼用の血統が走ることが多いのですね。


そして昨年のトシキャンディもそうでしたが、
このコースのもう一つのポイントは逃げ馬。


2012年以降、3コーナーを1番手で通過した馬
【12-9-4-33】
勝率20.7%連対率36.2%複勝率43.1%
単勝回収率397.4% 複勝回収率119.8%


まあトシキャンディの単勝万馬券を抜いても単勝回収率は191%ですから、
いかに逃げ馬が有利なのかということが分かると思います。



というわけで、
中京ダート1400M戦のポイントは・・・

1.芝・ダート兼用の血統馬
2.逃げ馬(先行馬)



この辺りのポイントから候補馬をピックアップしていき、
スピードブレイン2で更に深く検証してみたり、
オッズ分析ソフトMONSTERで直前丸裸機能で異常投票の入りを見極めてみるのがオススメです。


どうぞ参考にされてください^^

コメントを残す

このページの先頭へ