フラットスリーシステムのワイドBOX戦術で的中

フラットスリーシステムのレビューで紹介している
ワイドBOX戦術が今日(7月27日)も大爆発しました。



ワイドBOX戦術というのは、
フラットスリーシステムで選出された3頭をワイドBOXで投資する
というひねくることのないそのまんまの手法です。


投資1レース目となった新潟3Rでいきなり来ました。


フラットスリーシステム選出馬・・・④⑤⑩

結果
1着 ⑩パルトゥーラ(11番人気)
2着 ④エンドレスラヴ(6番人気)
3着 ⑭スワンソング(1番人気)

ワイド4,760円3点的中。


ひとつ残念だったのは、フラットスリー選出馬での1、2着だったという点。

馬連だと19,960円の的中となっていただけに・・。



ゴールデンダークホースが大穴を狙っていくのに対して、
フラットスリーシステムは中穴を狙うノウハウです。


でも、この新潟3Rのように中穴を狙ったつもりが結果的に
大穴馬を選出して激走したというパターンは多いので、
今後も選出された低人気馬には期待できそうですね。



一応、sisetuchoもフラットスリーワイド戦術を検証開始しています。


20130727niigata



この通りワイドボックス買いは的中率が低くなりますが、
1点100円の投資でも的中時配当が期待できるので
お小遣い稼ぎにはもってこいのノウハウだと思います。



ちなみに本日のフラットスリー対象馬の成績は、

新潟3R  1着(単勝4,810円複勝780円)&2着(複勝410円)
新潟7R  ハズレ
新潟9R  3着(複勝930円)
新潟10R 1着(単勝760円複勝220円)


小倉5R  2着(複勝830円)
小倉7R  2着(複勝1,360円)
小倉9R  ハズレ


函館8R  ハズレ
函館11R 3着(複勝430円)


というわけで、
実は単複ベタ買いで大きくプラス回収を達成していたのでした。


1レースあたりの選出馬は3頭なので、
他商材で選出した軸馬を組み合わせるのも効果的でしょうね。


というわけでフラットスリーシステムは地味にレジまぐですが、
とにかく使える商材ですのでぜひ手にしておいてください。


※現在フラットスリーはインフォトップでリリースされています。

>>フラットスリーシステムがインフォトップで再リリース





コメントを残す

このページの先頭へ