夏も重賞レース馬券術がオススメな理由

7月~8月の夏開催はこれまでのG1シーズン終了後とあって、
いくぶん落ち着いた雰囲気がありますが、非常にもったいないです。



2008年~2010年の7月8月に行われた重賞レースは全部で60。

その出走馬の全単勝を購入したら回収値103円です。


すなわち、この時期の重賞レースはとても勝ちやすいのです。


目隠しをしても勝てる可能性が高いのが夏競馬の重賞レース。


だから、多くの重賞攻略系の商材はこの時期に固め勝ちをする傾向にあり、
これからG-HITなどは注目しておく必要がありです。


一番勝ちやすい開催なのに醒めてしまっては・・・。

年間収支を左右するこの時期を逃さないようにされてくださいね。



さてここで、夏重賞の芝・ダート別に注意が必要な血統を厳選公開します。

恐らく今年も激走必至なので、sisetuchoも参考にします。

■芝重賞(7~8月)

血統 勝率 連対率 複勝率
スペシャルウィーク 12.5% 18.8% 43.8%
マヤノトップガン 11.8% 35.3% 41.2%
チーフベアハート 14.3% 71.4% 85.7%
ファルブラヴ 37.5% 50.0% 75.0%
母父トニービン 9.8% 19.5% 26.8%

など。特にファルブラヴやチーフベアハートといった
父小系統ノーザンダンサー系に要注意という印象。



■ダート重賞(7~8月)
血統 勝率 連対率 複勝率
母父ブライアンズタイム 20.0% 60.0% 80.0%
キングカメハメハ 16.7% 33.3% 50.0%

など。個々に見れば上記キンカメなのですが、
基本はサンデー系を含むヘイロー系種牡馬が安定して好走していますね。


というわけで上記を参考にしつつ、
最終的な見極めにはオッズ分析ソフトMONSTERをどうぞ。


オッズ分析ソフトモンスターバージョン6↓



コメントを残す

このページの先頭へ