マーメイドステークスはレッドアモネスを狙いましたが不発。その理由とは?

マーメイドステークスは単勝9番人気のレッドアモネスが競馬商材的にとても狙い目でしたが、結果は8着と残念な結果に終わりました。





レッドアモネスは、ジャッジメントONEや超人スーパー消去法、MONSTER11の指数1位だったりイージスでも選出されていましたので、馬券を買うことには何のためらいもありませんでしたが、気掛かりだったのは競馬データぶろぐ。で配信された出走全馬の見解でのこの部分です。

(レッドアモネスの見解を一部抜粋)

上がり勝負に強いタイプ、
レース上がり別成績を見てみると、

35秒未満(3-0-0-1)
35秒以上(0-0-0-7)

近2走はレース上がり35秒以上で6着に善戦、
これは成長の証と言えるだろう。


2020/06/14 8:10



マーメイドステークスは稍重馬場で行われ、この馬の得意な上がり勝負とはならなかったことも好走できなかった要因だったのではと思います。


レッドアモネスは前走福島牝馬ステークスで位置取り⑥⑨⑩⑪→6着というVライン馬でもあるので、改めて次走パンパンの良馬場で注目してみても面白いのではと思います。


さて、今回のマーメイドステークスを勝利したのは、やはりジャッジメント推奨穴馬で選出されていた単勝7番人気サマーセントで、3着にもジャッジメント推奨穴馬のリュヌルージュでした。


やはり重賞レースはジャッジメントを中心に狙ってみるのが効果的だといえますね!



コメントを残す

このページの先頭へ