ジャパンカップはマイニングを使って複勝狙いが良い?

今週はジャパンカップが行われますが、過去5年のジャパンカップではマイニング上位馬が狙い目となっています。


マイニング1位~4位馬が(3-5-2-10)勝率15.0%連対率40.0%複勝率50.0%単勝回収値60円複勝回収値136円です。


ここ2年は勝ち馬が出ていないものの、昨年はラストインパクトが7番人気2着(複勝380円)や一昨年はスピルバーグが6番人気3着(複勝410円)だったりと穴馬の激走がマイニング上位馬から出ていて複勝回収値が非常に高くなっていますね。


更に前走G1レースに出走した3歳~5歳馬に限れば(3-3-2-3)勝率27.3%連対率54.5%複勝率72.7%単勝回収値110円複勝回収値208円と単勝でも回収値が100円をオーバーします。複勝回収値が200円オーバーとなっているので複勝狙いがおすすめです。


マイニングを利用した馬券術といえばパフォーマンスホースEX。

パフォーマンスホースEX

今年のジャパンカップでは、先ほどのデータに該当した馬がパフォーマンスホースEXでも選出されていたら激アツと判断しても良いのでは。


というわけでジャパンカップに注目です。


>>パフォーマンスホースEXのレビューはこちら


One Response to “ジャパンカップはマイニングを使って複勝狙いが良い?”

  1. […] グランが6番人気3着に入りました(複勝330円)。 (参考記事)ジャパンカップはマイニングを使って複勝狙いが良い? シュヴァルグランは前走G2戦出走の4歳馬でしたが、やっぱりジ […]

コメントを残す

このページの先頭へ