パフォーマンスホースEXの単勝成績は3戦0的中でした(涙

先週の重賞は3レースともに単勝1番人気馬が勝利しました。


こうなると1番人気狙いの馬券術以外は単勝で的中できなかったわけで、注目のパフォーマンスホースももちろん単勝的中とはなりませんでした。


単撃ロボ2evolutionの重賞能力P狙いであれば的中できましたが、パフォーマンスホースEXでは京成杯オータムハンデは最終ステップまで残ったのがラングレーのみ(13着)で、セントウルステークスではウリウリ(9着)とアットウィル(10着)の2頭。


京成杯オータムハンデのラングレーもセントウルステークスのウリウリも単撃ロボの爆マーク馬で、ラングレーに至ってはバリューゾーン(コンピ代用)でも選出されていて結構期待していましたがダメでした(泣。


先週がダメだった分今週の巻き返しに期待したいと思います!


>>パフォーマンスホースEXのレビューはこちら!

コメントを残す

このページの先頭へ