重賞レースの穴馬選出に万馬券の奥義が良さそうです。

三連複万馬券の奥義は朝一オッズでその日の勝負レースが決定しますが、重賞レースに関しては勝負レースからもれてしまっても穴馬として押さえておくのも良いと思いました。


先週の重賞レースは東京でユニコーンステークス、函館で函館スプリントステークスが行われました。どちらも三連複万馬券の奥義の勝負レースではありませんでしたが、それぞれのレースでの選出穴馬は以下の通りとなっています。


ユニコーンステークスの選出馬
⑬ブチコ
⑯ノボバカラ → 9番人気2着(複勝790円)


函館スプリントステークスの選出馬
⑤エーシントップ
⑧タガノアガザル


函館スプリントステークスの方はハズレたのですが、穴馬判定での獲得ポイントがユニコーンステークスのブチコとノボバカラはともに3ポイントと高く、函館スプリントステークスのエーシントップとタガノアガザルは2ポイントと低かったことに注目です。


教材にも3ポイント以上獲得した馬は大注目と記載されているように、重賞レースでは対象レースかどうかに関わらず3ポイント以上を獲得した馬に注目すると良いかもしれません。6月度(21日まで)の重賞レースで穴馬ポイントを3ポイント以上獲得した馬の成績を見てみます。


鳴尾記念
⑥マジェスティハーツ(3P)
⑧メイショウナルト(3P)  →8番人気2着(複勝640円)

安田記念
⑧レッドアリオン(3P)
⑯カレンブラックヒル(3P)

マーメイドステークス
②シャトーブランシュ(5P) →8番人気1着(単勝1560円複勝430円)
⑬パワースポット(5P)   →10番人気3着(複勝430円)

エプソムカップ
⑦ペルーサ(3P)
⑩マイネルホウオウ(4P)

ユニコーンステークス
⑬ブチコ(3P)
⑯ノボバカラ(3P) → 9番人気2着(複勝790円)

函館スプリントステークス
※3P以上の該当馬なし


この通り10頭が選出されて【1-2-1-6】複勝率40.0%単勝回収率156.0%複勝回収率229.0%です。特に6月14日に行われたマーメイドステークスでは5ポイントを獲得した2頭が1着と3着でしたので、ポイントの高い馬にはそれだけでかなり注目する必要がありますね。


波乱度の高そうな重賞では特に注目されてみてください。



三連複万馬券の奥義2

>>三連複万馬券の奥義のレビューと特典案内ページ


コメントを残す

このページの先頭へ