4月5日(日)の砂鬼実践検証記を公開します。

今日は朝一から砂鬼を実践しました。


まず、1レース目となる阪神2Rから。前日段階では6頭程度候補馬がいましたが、当日の馬体重で一気に1頭に減りました。しかも選出されたのは単勝11番人気(確定60.6倍)のロイヤルバンプ。さすがに単勝50倍を超えると単勝期待値も下がるので複勝だけ購入しました。

4コーナーまで後方にいたロイヤルバンプですが、ラストの直線で内をスルスルを追い込んできてあわや3着。ですが最後伸び切れずに惜しくも4着不的中。朝からいきなり悔しい思いをしましたが、砂鬼で選出された馬はやはりかなり高いポテンシャルを秘めているなーと。


20150405hansin2R


つづく対象レースは中山2R。当日馬体重までクリアしたのは3頭でしたが、近2走とも10着以下敗退馬を除外して2頭に絞って単勝購入しました。結局単勝1.8倍に支持されたハーランズロマンが勝利して不的中。


20150405nakayama2


3レース目は阪神3R。このレースでSTEP4までをクリアしたのは②ブリンディスと⑥ゴーントレットの2頭でした。このコースでのタイキシャトル産駒の成績が2014年以降【0-0-0-25】と全く好走できていなかったので②ブリンディスは除外して⑥ゴーントレット1頭の単勝を狙いました。最後の直線はなんと8番人気②ブリンディスと単勝で買った⑥ゴーントレットの叩き合い。この叩き合いを制した⑥ゴーントレットが1着で単勝260円的中。


20150405hansin3


で、もう1頭②ブリンディスが2着に入って砂鬼的には複勝520円も的中でした。調べてみるとタイキシャトル産駒の大型(480キロ以上)馬は芝でもダートでも単勝回収値100円以上というかなり期待値の高いことが判明。ここは人気に関係なくブリンディスを押さえておくべきでした。


午後に入って阪神5Rが対象レースでした。このレースの選出馬は3頭でしたが、うち1頭の2番人気アポロケンタッキーは鞍上が和田騎手。和田騎手ってこのコースでの勝率が4.0%程度しかない(騎乗機会約100回)ので危険な人気馬かもしれないと思い買い目から除外。配当妙味のある他の2頭の複勝を購入しました。結果、購入馬の1頭が9番人気3着に入って複勝580円の的中。


20150405hansin5


というわけでここまでで3500円と投資して5500円の払い戻しなので回収率は157.1%となりました。この通り朝一から昼まで実践をしてみましたが、騎手や血統というファクターとの相性も非常に良いと感じました。ロジカル馬券師渡部さんの競馬投資大百科完全版がとても参考になるのではと思います。砂鬼は選出馬が人気に関係なくとても馬券になりやすいのが良い感じですね。

砂鬼まとめ


>> 砂鬼のレビューページはこちらです。

コメントを残す

このページの先頭へ