ヒモ馬選出もできて馬連や3連複などにも対応していますが。

砂鬼は基本的に単勝と複勝を狙う馬券術という扱いですが、マニュアルには馬連や3連複で勝負したい人向けにヒモ馬選出ルールが記載されています。

砂鬼ヒモ馬ルール


こちらの画像がそのヒモ馬選出ルールですが、13個のファクターによって出走馬1頭1頭を点数化し、点数の高い上位5頭をヒモ馬として選出します。13個のファクターのうち加点要素が7個で減点要素が6個。ヒモ馬5頭というのは基本点数なので的中率を考慮するならば点数を増やし、回収率を考慮するならば点数を減らすという形になりますね。

ただし、マニュアルに記載されているヒモ馬選出については正直な感想として、1頭1頭を加点したり減点したりというのがかなり手間な作業だと思います。軸馬の選出がとっても楽な分、余計に手間に感じるのではないでしょうか。。もし馬連や3連複で狙いたいのであれば砂鬼選出馬を軸馬として、他の馬券術で選出された馬や上位人気馬へシンプルに流す馬券を検討するのが良いのではと個人的に思います。

もちろんヒモ馬まで選出すれば時間をかけた分、点数は高いのに人気が全く無い能力先行型の馬を見つけられます。じっくり砂鬼を実践できる人には向いているかもしれませんね。

砂鬼まとめ


>> 砂鬼のレビューページはこちらです。

コメントを残す

このページの先頭へ