アルテミスステークスは高レベルレースです。

コンピ指数は競馬新聞記者の印をもとに算出されていると
言われています。



どの新聞記者も◎○▲は1レースにつきそれぞれ1頭に決まっていますが、
△については頭数制限はないと言っても良いでしょう。



イメージとして分かるのは、記者の印が少ないレース
(△の少ないレース)は上位馬が強いレースであって、
印の多いレースは全体的に混戦レースだということ。



印が多いレースになれば、競馬新聞記者の気になる馬
(場合によっては隠れ本命馬を含む)が多いことを意味していて、
結果的に全体的なコンピ指数値が底上げされることにつながります。



そして全体的なコンピ指数値が高いレースにおいては、
競馬新聞記者が見込んだ馬が今回凡走しても、
次走以降で激走する可能性を秘めているという考え方をするのが
ゾーンレベルの高レベルレースの考え方です。



そして、そのゾーンレベルの高レベルレースに、
明日のアルテミスステークスが該当しています。



高レベルレースの見つけ方については、
書籍版の新コンピアナライズゾーンレベルを読んでいただければ
と思いますが、実際に高レベルレースを見つけるには
ソフトのゾーンレベルを持っていると非常に便利です。



ちなみにゾーンレベルソフトは現在販売を停止していて、
後日ゾーンレベル2としてバージョンアップして一般販売されるようですが、
高レベル馬の次走を追っかけるというのも競馬の楽しみの1つですね。



ここ2年のアルテミスSでは差し・追込馬が好走しているので、
もし今年もその傾向であるならば、
先行しつつ負けた馬の次走巻き返しに注目してみたいと思います^^




コメントを残す

このページの先頭へ