ヴィクトリーオッズの定額シグナルの結果検証

ヴィクトリーオッズには定額シグナルといって、
5つの買い目パターンが表示される機能があります。


どのパターンも買い目は馬連5点(Eは5~6点)です。


ここはあまり気にしていなかったのですが、
どうもこの結果を知りたい方も多いようですので、
2013年1月5日~4月21日までの結果をまとめます。


パターンA
16戦6的中 
的中率37.5% 回収率142.8%


パターンB
3戦2的中
的中率66.6% 回収率85.3%


パターンC
17戦8的中 
的中率47.0% 回収率48.3%


パターンD
19戦4的中
的中率21.0% 回収率142.2%


パターンE
21戦6的中
的中率28.5% 回収率58.0%



上記の通りの結果です。
あくまでも今年に入ってから現在までの成績です。


月ごとに見ればどのパターンも成績の波はあり、
プラスになる月もあればマイナスになる月もありますね。


A~Dの4つのパターンに絞ると、
トータル55戦20的中で回収率は110.2%です。


買い目シグナルを活用するならこのあたりを狙っていくのが
良いかもしれませんね。


sisetuchoからの特典は、


1.マイニング100%超えレース選択
  これは販売者からの未公開マニュアルです。この内容以下で数万円で販売しているノウハウもありますけど。

2.競馬新聞だけで競馬は勝てる
  2010年12月までインフォトップで販売(18,000円)されていた商材です。

3,「全競馬場各コース完全攻略☆虎の巻☆」
  こちらも以前販売されていた渡辺策衛さんのコース攻略マニュアルです。

4.sisetuchoコンピplus
  安斎さんの「日刊コンピプラス」を応用したsisetucho流コンピ馬券術です。






以上の特典をプレゼントします。


異常投票馬最終兵器”Victory Odds”の特典対象リンク




5 Responses to “ヴィクトリーオッズの定額シグナルの結果検証”

  1. […] たいと思います。 なお、この買い目機能の2013年1月1日からの成績は こちらの記事にてまとめてあります。 定額シグナル成績検証(2013年1月5日~4月21日分) […]

  2. […] 詳しくは「ビクトリーオッズ特典のご案内記事」をご覧ください。 […]

  3. […] 特Bが1度大敗していますが、 安定した成績を残せていることが理解できるのではないでしょうか? そして朝一異常馬を使用して予想するイメージがわくように、 1つ例を挙げて説明いたします。 2013年7月28日(日)函館4R まず、このレースでは朝一異常馬「特A」が発生しています。 特A馬は複勝率9割程度の精度がありますからこの馬を軸に。 もちろん、この朝一異常馬は圧倒的な人気(確定単勝1.2倍)ですので、 相手を絞りこんで少点数で馬券を組み立てる必要がありますね。 相手馬は基本的には総合順位の上位馬。 結果的にこのレースでも上位5頭への3連複流し(10点)で1,620円の 的中となったわけですが、ビクトリーオッズの他の機能を用いれば 更に買い目点数を削減することもできます。 注目していただきたいのが「SN指数」。 このSN指数は、その馬が能力以上に売れている(過剰人気)か それとも能力があるのに売れていないのかを判断できます。 SN指数に青色表示されている馬は、 能力があるのにオッズ的には売れていない(過小評価)という判断ができますので、 逆に狙って妙味が出てきます。 よって、朝一異常馬からの2点購入で馬連700円(ワイド370円)の的中ですし、 3連複もより買い目を絞って購入することが可能となります。 このSN指数の狙い方については商材マニュアルにて丁寧に解説されていますから、 より効果的に活用できるようになりますよ。 また、このレースは商材マニュアル(p.37)に記載のあるパターンで、 総合順位6頭までに絞って買うことが推奨されていますね。 このようにVictoryOddsはシンプルに総合順位の上位馬を狙うだけでなく、 より効率的に馬券を組み立てるかについてもしっかりサポートされています。 理論はとても深いのでマニュアルを読み込んで活用してみてください。 特典についてはこちらの記事を参考にしてください。 ⇒ ヴィクトリーオッズ特典のご案内記事 […]

コメントを残す

このページの先頭へ