テクニカル6ハイブリッド・ソフトの具体的な活用例

テクニカル6ハイブリッド・ソフトを具体的に活用する方法を解説します。





今回は競馬商材(シベリアンさんの上がり最即)で選出された馬を軸に相手馬へ流す馬券を検討します。


上がり最即では4月16日(土)阪神6Rにて⑦クロジシジョー(2番人気1着)が選出されていました。


こちらがテクニカル6ハイブリッド・ソフトの出馬表です↓↓





このレースはレースパターン2+トリプルアナライズ4なのでまずまず波乱度は高そうな印象です。


今回上がり最即で選出された⑦クロジシジョーはコンピ2位(単勝2番人気)ということもあり、この馬を軸とするならば相手にはゾーンレベルの軸馬(ZL軸馬)を相手にするのがシンプルで効率的です。


ソフト上で買い目をセットして投票するには「買い目表」をクリックします。



こちらが買い目表です↓↓




まずはこの買い目表で軸馬となる◎に⑦のチェックを入れ、相手馬となる〇にZL軸馬のチェックを入れます。


つづいて買いたい券種にチェックして、買い方をボックスか軸流しにするかをチェックします。


そして資金配分についてですが、「均等」は入力投票金額に入力した金額を均等に配分、「比例」は回収額が均等になるように入力投票金額を配分、「均一」は入力投票金額がそのまま買い目ごとに入力されます。


今回の例では1レースあたり3000円で均等配分に設定しています。


買いたい(除外したい)オッズ範囲があればオッズフィルターで設定すると、その時点でのオッズで買い目が表示されます。


最後に投票ボタンをクリックすれば、表示された内容で馬券購入が完了となります(別途設定が必要です)。




コメントを残す

このページの先頭へ