テクニカル6ハイブリッドで複勝率89.3%!至高の軸馬を発見する方法

テクニカル6ハイブリッドで今年勝率63.2%複勝率89.5%単勝回収値179円複勝回収値103円とかなり好成績を残している鉄板軸パターンをご紹介します!





さっそくですが、条件というのは以下の通りです。


●テクニカル6のレースパターン6かつトリプルアナライズ6~9
●コンピ1~2位馬
●テクニカル6・バージョンαの3ファクターをクリア



この条件をクリアした馬が今年現時点で(12-3-2-2)とほぼ鉄板軸馬となっています。


テクニカル6のレースパターン6というのは本命戦ですね。ここにトリプルアナライズ6以上のレースはさらにコンピ上位馬の信頼度がアップします。


というわけで軸馬候補はコンピ1~2位となりますが、ここにテクニカル6・バージョンαの3項目(馬齢・馬体重・前走位置取り)をクリアした馬が至高の軸馬となります。


直近の的中例として2022年4月9日(土)阪神1Rで説明します。




※クリックで拡大します。


このレースはテクニカル6のレースパターン6かつトリプルアナライズ6で対象レースです。


軸馬候補となるのはコンピ1位⑯カンティプールとコンピ2位⑧クレスコジョケツの2頭で、この2頭のテクニカル6・バージョンαの3項目をチェックします。


ソフトで「馬齢」「馬体重」「脚質」の項目をチェックし、これらすべてに〇がついていればOK。


2頭とも3項目すべてに〇がついているので、このレースでは2頭ともに至高の軸馬として選出されます。


結果はコンピ2位⑧クレスコジョケツが1着でコンピ1位⑯カンティプール3着でした。


テクニカル6ハイブリッド・ソフトがあれば、かんたんに実践できるので今週以降の競馬でぜひ至高の軸馬を探してみてくださいね。







コメントを残す

このページの先頭へ