テクニカル6・ブレンドの今年の成績を検証。より成績を安定させる方法とは?

ここ最近はテクニカル6・ブレンド(コンピ選出馬)と他のロジックをあわせて狙うという作戦がうまくいっていますが、今年(1月6日~11月11日)のテクニカル6・ブレンドのみの成績を調べてみました。





テクニカル6・ブレンドのみというのは、商材に書かれているロジック通りに選出される最終的な軸馬のことをいいますが、この軸馬成績が(48-40-27-231)勝率13.9%連対率25.4%複勝率33.2%単勝回収値106円複勝回収値81円です。


単勝でプラス回収値を達成していますね。


ただし、月別の成績をみると好不調の波が大きいという印象が強く、だからsisetuchoは他のロジックとあわせて狙うのがおすすめとしているわけです。


月単位で成績を安定させるにはやはり他のロジックを組み合わせるのがよく、例えばコンピ選出馬のうちファイブスター☆5馬を下級条件(未勝利・500万下・1000万下)で狙うという作戦やコンピ選出馬のうちMONSTER指数1位を狙うという作戦。


この2つについてはかなり相性が良いので、ぜひ合体させて馬券に活用してみて下さい。


テクニカル6・ブレンドのレビューと特典案内です。
田中洋平さんの最新コンピ教材「テクニカル6・ブレンド」のレビューです。

コメントを残す

このページの先頭へ