超人の成績検証(6月23日~24日)。やっぱりマイニング狙いが良いのでは?

先週の超人の成績を検証します。





先週ソフトウェア上で表示された超人セレクトは全部で216頭で(11-14-18-173)勝率5.1%連対率11.6%複勝率19.9%単勝回収値70円複勝回収値76円でした。


やっぱり選出馬そのままを狙っていくのは無謀ですね(汗。


超人は波乱レースなど得意条件のレースに絞って選出馬を狙うのが基本なのですが、選出馬の得意条件としてはやはりデータマイニングとの相性は良いようです。


先週の超人セレクト選出馬かつデータマイニング1~3位馬が(5-5-8-19)勝率13.5%連対率27.0%複勝率48.6%単勝回収値254円複勝回収値172円でした。





土曜日の東京ジャンプステークスで10番人気1着激走の③サーストンコラルドも超人セレクトかつマイニング1位馬。


MONSTER特注や爆マークなどで選出されていた①マイネルフィエスタとの馬連は36270円の超高配当となりました。




まあサーストンコラルドは高齢馬ですし、実際にはなかなか拾いにくい馬ではありましたが超人とマイニングの相性の良さがわかるレースだったのではと思います。



コメントを残す

このページの先頭へ