なんとコンピマジック選出馬の上位独占レースが発生!

9月9日(土)阪神7Rではコンピマジックで選出された軸馬候補3頭で決着。3連単140,820円の高配当的中となりました。


この日の阪神開催ではコンピマジック対象レースは第7Rだけで、sisetucho特典エクセルでは以下の通り⑪⑦⑥の3頭が選出されていました。





これらコンピで選出された3頭で1着~3着を独占したわけですが、コンピマジックは朝一オッズと断層などによって最終的な軸馬を決定します。


最終的な軸馬として選出されたのは⑦マイネルブロッケン(8番人気3着)と⑥タイセイパルサー(11番人気1着)の2頭。単勝1680円を2点で的中できたレースでしたが、最終的な軸馬から漏れた⑪トウカイエクレール(4番人気2着)はコンピ分析ソフトGeniusの◎馬でもありました。


阪神7RのGenius出馬表(朝一)↓





⑪トウカイエクレールは連系の券種であれば確実におさえておきたい馬。しかもこのレースの階級指数をチェックしてみると、コンピ1位~3位まで大幅なマイナス指数馬でコンピマジック選出馬の上位独占も期待できたレースだったともいえますね。


阪神7Rの階級指数↓




ゾーンレベルでは波乱αの判定でこれら3頭はゾーンレベル的にも狙い目の範囲でしたし様々な条件が揃っていました。



波乱レースに限ればより精度の高い予想ができそうですね。




コメントを残す

このページの先頭へ