宝塚記念で単勝1.4倍のキタサンブラックが危険な人気馬だった理由とは?

宝塚記念は圧倒的人気キタサンブラックが9着に凡走しましたが、時系列オッズをチェックすると実は危険な人気馬だったことが分かります。


時系列オッズといっても時間帯ごとの投票をいちいちチェックするのも手間な(というか評価する方法を知らない)ので、オッズ分析ソフトPHANTOM2の時系列チェック機能を活用します。


すると、キタサンブラックは単勝1.4倍の圧倒的支持を受けているにも関わらず単勝・複勝のどちらも時系列にまったくポイントが入っていませんでした。


PHANTOM2時系列(単勝)↓



PHANTOM2時系列(複勝)↓




これだけの圧倒的人気馬にも関わらず時系列ポイントがゼロということは、どの時間帯も評価すべき売れ方ではなく、過剰に売れている馬という評価で大丈夫だと思います。


キタサンブラックが負けた具体的な原因は我々には当然知る由もありませんが、時系列オッズがキタサンブラックの状態をちゃんと見抜いていたというわけですね。


また時系列的にキタサンブラックよりも買っちゃいけない馬がシュヴァルグランです。単勝時系列ポイントがなんとマイナス33P。複勝時系列ポイントもマイナス2Pでした。


このように、人気馬になかなか死角が見当たらないような時こそPHANTOM2の時系列ポイントをチェックしておくのが良いと思います。


ダイヤモンドオッズ(+PHANTOM2)のレビューと特典案内
ITエージェンシーさんよりリリースの蘆口真史氏「ダイヤモンドオッズ」をレビューをします。


コメントを残す

このページの先頭へ