階級指数1位馬がなんと単勝回収値140円達成!(4月15日16日)

Geniusにも搭載されている階級指数ですが、先週はこの階級指数1位馬の成績が(24-16-5-49)勝率25.5%連対率42.6%複勝率47.9%単勝回収値140円複勝回収値88円でした。


階級指数は差が出にくいので、1つのレースに複数頭出現する場合もありますが、これだけの単勝回収値を出せるのは正直驚きました。


先週の結果から気づいたこととしては、階級指数が1位でも指数値が高ければ回収値が高くなるというわけではないということです。


階級指数はコンピ順位上位馬ほど指数値が高くなりやすいです。よって階級指数1位がコンピ1位であれば軸馬としての信頼度は高くなります(先週でいえば複勝率約8割!)が、回収値的には期待しづらくなるというわけです。


だから階級指数1位かつ階級指数値が低い馬が単勝期待値が高くなるのではないかと思っています。


先週では階級指数1位(指数値1~3)が(8-2-2-22)単勝回収値272円複勝回収値107円と爆発。


皐月賞を9番人気で勝利したアルアインも階級指数1位で指数値1でした。




Genius指数などとの相性も良さそうですし、階級指数を活用する際の参考にされてみてください。





コメントを残す

このページの先頭へ