中山牝馬ステークスはGeniusで単勝1,250円を的中!

やっぱコンピ分析ソフトGeniusは重賞で強さを発揮してくれますね!


3月12日(日)に行われた中山牝馬ステークスでは○評価のトーセンビクトリーが1着に入って単勝1250円の的中となりました。


個人的には◎パールコードとの単勝2点買いでの的中。




実は2月~3月5日の期間ですが、Geniusは重賞で◎○馬が(8-1-6-15)勝率26.7%連対率30.0%複勝率50.0%単勝回収値133円複勝回収値75円とすごく精度が上がっていて、さらに社台系生産馬に限れば(7-1-6-5)と複勝率は7割超えなんです。


中山牝馬ステークスの◎パールコードと○トーセンビクトリーはともに社台系生産馬なので、とても高い確率でどっちかが勝つと見込めました。




しかも階級指数を確認するとコンピ下位に上流階級馬が並ぶパターンで、トーセンビクトリーは上流階級馬かつ朝一単複上昇馬でした。





上流階級かつ朝一単複上昇馬狙いについてはこのブログでも度々お伝えしているパターンですね!

※参考 上流階級馬の朝一単複オッズ上昇は狙えそうです。


同じようなパターンでの激走がよくあるので、このGenius◎○の上流階級かつ朝一単複上昇馬探しを基本にするのも良さそうですよ。


ぜひ参考にされてみてくださいね。


>>コンピマジック(Genius付き)のレビューはこちら


コメントを残す

このページの先頭へ