単撃的中指数はGenius指数との相性も良さそうです。

単撃Plusの単撃的中指数とGenius指数は相性が良さそうですよ。


1月25日に川田信一氏からメルマガが届きました。


(メルマガ一部抜粋)
こんにちは、川田です。

先週は単撃指数を使って単勝29.9倍ながら勝利したショウナンタイザンで大きな利益を出すことに成功しました。

ショウナンタイザンは前走15着・前々走13着とまったく走っていない馬でしたが的中率が高い馬を示す指標である「単撃的中指数が3位」でした(回収指数は1位)。

回収指数が1位であることはさておき近走まったく走れていない馬がなぜ的中指数上位なのか疑問に思っている方もいらっしゃると思いますので公式サイトにてヒントを公開しています。

▽なぜ前走15着の馬の単勝馬券を購入できるのか
http://tangeki.com/kouza/1825/



まずこのメルマガで的中させたというのは1月21日(土)京都12R。単撃ロボ3の出馬表ではショウナンタイザンは的中指数3位で回収指数1位となっていました。

tangeki



なぜショウナンタイザンのような前走15着馬の単勝馬券が買えるのかは川田氏のサイトで解説がされていますが、なかなかアナログではそこまで深く予想できません(苦笑。


そこで単撃Plusの的中指数と回収指数を参考にすることで、競馬予想の素人であっても人気薄激走馬を見抜けるようになるというわけです。


的中指数は言葉をかえると好走率です。人気がないのに好走率が高いということは、的中率も回収率も高くなるということですね。


また、興味深いのは今回のショウナンタイザンはGenius指数が1位だったという点です。

tangeki


単撃ロボ3でGenius指数上位馬の的中指数と回収指数を確認すれば、より精度の高い軸馬を選出できるのでは。


しかもショウナンタイザンは、朝一オッズではコンピ7位に対して単勝3位、複勝3位と過剰に売れていた朝一異常馬でもありました。


同じようにGenius指数上位かつ的中指数上位馬の激走がたびたび見られていますので、こちらもぜひ参考にされてみてください。



>>単撃Plus(単撃ロボ3付き)のレビューはこちら


>>コンピマジック(Genius付き)のレビューはこちら









コメントを残す

このページの先頭へ