ぶっちゃけジーニアスとトレンドアナライザーはどっちが使えそう?

コンピマジックについているコンピ分析ソフトGeniusとトレンドラインのトレンドアナライザーはどっちが使えそうなソフトでしょうか?

soft

あくまでもsisetuchoの個人的な意見なのですが、ジーニアスとトレンドアナライザーであればジーニアスの方がいろんな場面で幅広く使えると思います。


例えばコンピ断層表。PHANTOMやMONSTERなど多くのITエージェンシーさんのソフトには馬連オッズを基準としたオッズ断層表がありますが、コンピを基準としたコンピ断層表はBRAINかジーニアスにしか搭載されていないのですよ。


コンピ断層表はオッズ同士の比較(馬連と単勝や馬連と複勝とか)では見抜けないオッズ異常を見抜けたりするので、馬券的にも非常に役立ちます。


そして「コンピ確率」「レース判定」「階級指数」と競馬初心者にも分かりやすく感覚で使える機能がついているのがジーニアスで、トレンドアナライザーにはレース傾向などを判定できる機能がついていません。


その分トレンドアナライザーには、1日の上位人気馬の出現率や朝一から締め切りまでの1頭1頭の売れ行きを追っかけることができる、オッズマニアにとってはたまらない尖った機能が搭載されているんですよ。


あとジーニアスは穴馬を高く評価する傾向があってトレンドアナライザーはどちらかというと人気寄りの馬をしっかり評価する印象です。


なので上位人気~中位人気あたりをしっかり評価して単勝で狙える馬を見つけたいならトレンドアナライザーですし、中位人気~下位人気の激走候補馬をきっちり評価して複勝でも爆発力を期待できるのがジーニアスかなと。


指数精度はジーニアスもトレンドアナライザーも非常に高いので、指数を目当てにするなら狙う人気ゾーンによって選ぶのも良さそうです。


というわけで指数精度はどちらも間違いないので、汎用性が高く様々な場面で活用したいならジーニアスで、とことんオッズ分析をという場合にはトレンドアナライザーだろうなと思います。



>>コンピマジック(ジーニアス付き)のレビューはこちら

>>トレンドライン(トレンドアナライザー付き)のレビューはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ