爆マークに引っかからなかった高期待値馬は複勝で妙味あり!

昨日行われたデイリー杯2歳ステークスで8番人気2着に入った③ボンセルヴィーソは、単撃ロボの爆撃P4位で期待値521の高期待値馬でした。


%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%9d%af%ef%bc%92%e6%ad%b3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9



単撃ロボのマニュアルに書かれている爆マーク設定の場合、爆マークの範囲は爆撃P1位~3位です。そこから想定勝率や期待値などで決定されるのですが、そもそも爆撃P4位以下の場合は爆マーク馬になりません。


単撃ロボの場合、爆撃Pが高いほど勝率も高まりますが、今回のボンセルヴィーソのような準爆マーク馬も2~3着への激走はよく発生しているので、正式な爆マークでなくても注目しておくべきです。


そういえば昨日行われたもう1つの重賞の武蔵野ステークスでは爆撃P5位で期待値317のタガノトネールが8番人気1着に激走しましたね。

(参考記事)武蔵野ステークスでまたもevolutionの単勝が爆発!単勝4点買いで回収率915%です。


爆撃P1~3位に限らずもうちょっと狙う範囲をひろげて、期待値がめっちゃ高い馬は無条件に押さえておくのもありかと思います。


例えば16頭立て以上のレースでは爆撃P6位あたりまで、15頭立て以下では爆撃P5位あたりまでに注目するとかルールを決めておくと分かりやすくなりますね。


参考にされてみてください。


>>単撃ロボのレビューと特典案内はこちら



コメントを残す

このページの先頭へ