ビクトリーオッズのバージョンアップについて

ビクトリーオッズは不定期にバージョンアップが実施されます。



今回行われたバージョンアップは買い目機能のロジック追加で、
これまで4つだったのが8つのロジックに追加されました。



もちろん既にビクトリーオッズをお持ちの場合は、
「ヘルプ」→「バージョン情報」画面から最新版をダウンロード
して上書きインストールしていただければOKです。


ビクトリーオッズ


まあ先週に関してはその新ロジックが1つ該当していたのですが、
残念ながら不的中でした。



ロジックの詳細は不明ですが、
この買い目ロジックには軸馬に朝一異常馬を基本にして
ヒモ馬にはマイニングが用いられているようです。



よって買い目パターンの違いはレース判定方法の違いなのかなと思いますが、
ここについてはよく分かりません。



ですがヒモ馬にマイニングを用いているので、
障害戦や未勝利戦でヒモ馬精度は上がりますし、
高齢馬を除外して買い目を更に絞り込むと効果的だと思います。



障害戦及び未勝利戦に限定して、
2014年1月~7月13日の買い目成績を検証すると、


2月18日東京5R ハズレ(5点)

2月23日小倉2R ハズレ(5点)

2月23日東京2R 1440円的中(5点)

3月1日 小倉3R 510円的中(5点)

3月2日 阪神4R 970円的中(5点)

5月3日 京都4R 380円的中(5点)

5月17日京都5R 320円的中(5点)

5月18日京都4R 590円的中(5点)

5月18日新潟6R ハズレ(5点)

5月25日京都4R 830円的中(5点)

6月15日東京6R ハズレ(5点)

7月12日中京4R ハズレ(5点)


12戦7的中でした。


ただしやはり朝一異常馬を軸としている分、
的中レースのうち6レースが3桁配当だったので、
均等買いでは利益を出せず資金配分して投資する必要がありそうですね。



ソフトを用いて1レースにつき1万円を資金配分した場合、
上記期間においてプラス回収を達成しています。



またマニュアル自体も改訂されていますので、
新しいビクトリーオッズをぜひ活用されてみてください。



▷ ビクトリーオッズのレビュー




コメントを残す

このページの先頭へ