WIN5とtoto BIG

toto BIGが約51億5000万円のキャリーオーバーとなっています(2012年10月17日現在)。


こういうタイミングでこそ、toto BIGは購入していくべきです。

配当妙味を考えると、キャリーオーバー発生中のタイミングでしか買っちゃいけません。


それでも運だけが頼りとなるものが「くじ」というものです。
ここにどっちのチームが勝つのかという予想などの要素は全く入りません。


一方のWIN5。

過去キャリーオーバーが1回しか発生したことがありません。


今後キャリーオーバーが発生する可能性はありますが、
「くじ」とは異なり、大きな夢を見ることはできないのがWIN5。


それはこれまでの配当金を見れば分かるでしょう。


じゃあキャリーオーバーが発生しないWIN5は買わない方がいいのか?となりますが、
WIN5には“くじ”とは異なり、予想して購入できるという強みがあります。


もしWIN5をtoto BIGのようにすべてランダム購入にしてしまえばキャリーオーバーも度々発生するんでしょうが、
完全セレクトという買い方がある以上、WIN5でランダム購入することがどれだけ無謀なことかが分かる。


ランダム購入は機械任せでどんどん下位人気を買っていきますからね。
ランダム購入では5万票のWIN5的中者は出ませんので。


WIN5はtoto BIGやロト6などの夢を見る「くじ」ではなくて、
狙って当てるものだというパラダイムシフトをする必要はあり、
狙って獲る為に必須のツールこそが新コンピアナライズ・ゾーンレベルです。


前日段階での波乱度判定によって、
どのタイミングがもっとも勝負できる開催なのかが一目で分かり、
少点数で当てられる可能性の低いWIN5開催日は当然見送ります。


これをすることによって、数十万程度の配当までなら
ゾーンレベルを活用すれば高確率で的中できる可能性が出てきます。


まー、ゾーンレベルが先週の開催で的中したってことですが、
先週のWIN5は荒れる要素も十分にあったので、実はsisetucho的には狙いではありませんでした。


その部分については、ゾーンレベルソフトの特典レポートに書かせていただきましたので、
よく読んで“そのタイミング”をじっくり待つようにして下さい。


WIN5を狙って取ることができるようになるツールが新コンピアナライズ・ゾーンレベルです。



WIN5を少点数で狙って取りたい方にもおすすめの道具




















コメントを残す

このページの先頭へ