前日BRAIN指数1位馬の評価を効果的に下げる方法

前日BRAIN指数1位馬と朝一BRAIN指数を用いると、
実は効果的に前日指数1位馬の評価を下げることができます。

その方法を解説いたします。




今回お伝えする方法はあくまでもsisetucho独自の手法ですし、
対象となる馬は2着以下になりやすい傾向として捉えるのが良いと思います。


そしてこの方法を使うと、
以下のような馬券活用ができると思います。

・前日指数1位馬の単勝購入を見送る
・前日指数1位以外の馬を軸馬にする
・前日指数1位馬を馬券から外す  など


例として、2013年7月28日小倉9Rにて説明します。




まず、前日のBRAIN指数1位馬を確認します。

ゼウス前日1位


コンピ2位のゼウスが前日BRAIN指数1位であることが分かります。


普通に判断すれば、
BRAIN指数1位のゼウスがこのレースでは有力だといえますよね?


ですが、この段階ではオッズ等の要素が指数に加味されていません。


オッズ等の要素が指数にプラスへ働いているのか、
それともマイナスに働いているのか?


ここを分析することによって
今回のゼロスが買いなのか見送りなのかを判断していきます。




それでは、朝一のBRAIN指数を確認します。
ゼウス3位


前日指数1位だったゼウスが朝一で3位へと順位が落ちていますね。


つまり、朝一に加味されるオッズ等の要素によって
ゼロスへの評価が下がったという判断が可能になります。


結果的にゼウスは1番人気4着と凡走しました。


以上のように、
前日指数1位馬が当日の朝一で指数順位を下げた場合は、
1着になる可能性が低いと感じます。


とはいえ2着や3着に入るケースはぼちぼち見られる(断然着外が多いですが)ので、
前日指数1位馬が当日朝一で順位を下げた場合は馬券への評価を下げるのが良いでしょう。


また、この前日指数と朝一指数の評価手法を用いると、
他の指数順位についても面白い結果が出てくるのではと思います。


たとえば今回サンプルとして取り上げた小倉9Rでは、
前日3位→朝一1位のウインミーティアが勝利し、
前日よりも朝一で指数を下げた馬は見事に凡走していますね。



BRAIN3の指数評価方法のひとつとして参考にしてみてください。



BRAIN3のレビューと特典のご案内はこちら↓
前日指数と朝一指数の評価もできるBRAIN3





2 Responses to “前日BRAIN指数1位馬の評価を効果的に下げる方法”

  1. […] 以前の記事はこちら → 前日BRAIN指数1位馬の評価を効果的に下げる方法の記事 結果、ハヤブサペコチャンは1番人気3着。 […]

コメントを残す

このページの先頭へ