単撃ロボ4の期待値Pは回収値と的中率のバランスが良い感じです。極選との相性も良さそう!

単撃ロボ4には能力P・期待値P・大穴Pの3つの指数が搭載されていますが、そのうちの期待値Pは的中率と回収値のバランスが良い感じです。





先週の開催(4/14,15)では、期待値P◎(1位)が(24-10-10-42)勝率27.9%連対率39.5%複勝率51.2%単勝回収値137円複勝回収値123円でした。


日別成績がこちらです↓



期待値Pなので穴馬の激走によって回収率を稼ぐイメージを持っていたのですが、該当馬(◎)のオッズ別成績をみてみると単勝15倍以上で(0-2-0-13)複勝率13.3%複勝回収値66円とほとんど走りませんでした。


一方、単勝14.9倍以内の馬が(24-8-10-29)勝率33.8%連対率45.1%複勝率59.2%単勝回収値166円複勝回収値135円と人気寄りの馬の方が狙い目でした。


先週の重賞ではアーリントンカップのタワーオブロンドン(1番人気1着)が期待値P1位でしたし、中山グランドジャンプのオジュウチョウサン(1番人気1着)も期待値P1位でした。


あと今後注目してみたいのは、期待値P◎と極選競馬投資法ソフトの指数1位が重なったパターンです。


このパターンに該当する馬は先週(16-2-3-8)勝率55.2%連対率62.1%複勝率72.4%単勝回収値202円複勝回収値118円で2頭に1頭が勝利。


日別成績がこちらです↓



今週の開催ではまずこのパターンに注目してみたいですね。




コメントを残す

このページの先頭へ