デッドワンプログラムの成績検証(1月24日25日)

デッドワンプログラムの先週の成績を検証します。



デッドワンプログラムは蘆口真史さんのロジックと
浅田真人さんのロジックの2本立てとなっていますので、
それぞれのロジックの成績を検証していきます。



☆デッドワンプログラム(蘆口真史)

1月24日(土)
中京10R
単勝 ・・・不的中(買い目5点)
馬連 ・・・不的中(買い目10~25点)
ワイド・・・不的中(買い目10~25点)
馬単 ・・・不的中(買い目10~25点)
3連複・・・不的中(買い目65~125点)
3連単・・・不的中(買い目90~225点)


1月25日(日)
対象レースなし




☆デッドワンプログラム(浅田真人)

1月24日(土)
中山5R
単勝 ・・・不的中(買い目4点)
馬連 ・・・7400円的中(買い目8~16点)
ワイド・・・2200円的中(買い目8~16点)
馬単 ・・・不的中(買い目8~16点)
3連複・・・10630円的中(買い目72~128点)
3連単・・・不的中(買い目88~176点)


1月25日(日)
対象レースなし



ご覧の通り、デッドワンプログラム(蘆口真史)と
デッドワンプログラム(浅田真人)の対象レースは土曜日に1つずつ。



浅田さんのロジックの方では馬連・ワイド・3連複が的中となりましたが、
蘆口さんのロジックの方は残念ながら全馬券不的中でした。



なお馬連やワイドなどで買い目点数にバラつきがあるのは、
相手馬の頭数によるものです。的中率重視であれば相手馬が多くなりますし、
回収率重視であれば相手馬は少なくなります。



浅田さんの方も蘆口さんの方も対象レースは少ないですが、
前日段階で買い目選出できる点でいえば
浅田さんのコンピロジックの方が実践向きではありますね。



→ デッドワンプログラムのレビューと特典案内ページ


コメントを残す

このページの先頭へ