先週は高指数値馬の少ない開催でした。

先週の単撃ロボは高指数値の馬が少なく、
また高指数値=人気のケースが目立った開催でした。



sisetuchoが現在参考にしている指数値は91.4以上です。



指数値を優先して検討すると、
指数順位と期待値で狙うよりも遥かに的中率は向上すると思います。



先週の指数値91.4以上馬の成績は、


6月7日(土) 【0-2-0-4】

6月8日(日) 【1-2-2-0】



唯一の単勝的中が6月8日(日)の東京4R(単勝220円)で、
日曜日についてはパーフェクトに馬券対象となりましたが、
成績的にはパッとしない週でした。



単撃ロボを実践しているとこういう開催もありますので、
前日段階で開催全体の指数値を確認して、
期待値の見込まれる馬に絞っていくことでリスクを減らせるのではと思います。



例えば先週の開催で、
指数値91.4以上の馬で単勝オッズ15倍以上の馬は不在でしたし、
10倍以上に範囲を拡げても土日で3頭(0-0-1-2)。



前日の指数値と当日の指数値に大幅な変動もないので、
前日指数値を参考に馬券検討されるのも良いと思います。



また重賞レースでいえば、
やはり1勝目間隔と前回勝利間隔のファクターを重視すると良いですね。



土曜日の鳴尾記念では、
1勝目間隔もしくは前回勝利間隔がグレー(除外)表示されていた馬は
出走12頭中8頭もいました。



結果残りの4頭のうち2頭が1着と3着(ワイド2000円)で、
特に重賞レースを勝ち切る馬はこれらのファクターをクリアしていることが多いですね。



▷ 単撃ロボのレビューと特典案内






コメントを残す

このページの先頭へ