単勝狙いなら単撃指数をあわせて参考にするのも良さそうです。

単撃の川田信一氏が書籍「ザ”単撃”」という書籍をリリースされましたが、
ここで公開している単撃指数が使えそうなのでご紹介します。



この単撃指数ですが、指数値は1~10までの10段階。



指数値が高くなるほど単勝回収率が高くなり、
最大値(10)馬の勝率は12%単勝回収率は102円だそうです。



レース条件や馬の個別データから更に絞込みを行い、
より期待値の高い馬を選出していくロジックですが、
この単撃指数最大値10の馬に絞るだけでも激走馬を楽に見つけることが可能です。



今日(5月31日)の単撃指数10馬の成績です。



東京
7R  エグゼビア(10番人気1着)単勝1620円 複勝450円
7R  ディーエスタイド
9R  ダイワフェリス
10R フミノメモリー
10R ヴァンガード
10R ハコダテナイト(4番人気3着)複勝210円
10R カフェリュウジン
10R サトノプライマシー(6番人気1着)単勝960円 複勝300円
12R ヴェルデホ

京都
7R  ゴッドドリーム
7R  エアーウェーブ
11R フォーチュンスター(2番人気2着)複勝140円
11R ロードガルーダ


トータル【2-1-1-9】単勝回収率198.4% 複勝回収率84.6%




例えば1着的中となった東京7Rですが。

単撃指数



このレースでは単撃指数がマックス10の馬は2頭(ディーエスタイドとエグゼビア)
いましたが、書籍ではここに「好走内勝率」等を用いて更に勝ち切る可能性の高い馬を
選別していきます。



好走内勝率といえば川田信一氏が最も重要視しているファクターで、
単撃ロボを用いれば全頭の好走内勝率が一覧で表示されます。



単撃ロボはこちら
エグゼビア



ディーエスタイドの好走内勝率が20%に対して、
エグゼビアの好走内勝率は50%と高いことからも
どちらかといえばエグゼビアが勝つ可能性の方が高いといえますね。



単撃指数は指数値マックス(10)の馬をそのまま買うだけで
単勝回収率が100%を超えますので、
この指数を算出して勝負度合いの見極めを行ってみても良いと思います。




この単撃指数はすぐに使えなくなるようなデータを用いられていないですし、
長期的に活用できると思います。



ぜひ単撃ロボと一緒に活用されてみてください。






一方、今日の単撃ロボの指数値91.4以上馬も単勝プラス収支でした。


★爆撃P91.4以上馬(5月31日)
【4-2-0-1】単勝回収率285.7% 複勝回収率172.8%



個人的にはこの91.4以上馬の複勝に絞って買ってましたが、
東京6Rで単勝1220円を逃したのは大きかったです。


20140531tokyo6




単撃ロボのレビューはこちら


コメントを残す

このページの先頭へ