ゾーンレベルとチェンジライダー理論を組み合わせると。

ゾーンレベルには単軸馬という単勝で期待できる馬が
レースごとに表示されます。

単軸馬



ゾーンレベルではレースごとに波乱度を分析し、
その波乱度による単勝期待馬が単軸という扱いになります。



波乱度別に的中率と回収率のバランスから選出されるので、
単軸馬トータルの単勝回収率は100%を切ります。



そこで考えてみたのですが、
チェンジライダーの理論を用いて単軸馬を絞り込むと
より馬券的に効果的なのではないかと。



つまり単軸馬の中からチェンジライダーの乗り替わりに該当する
馬を選出するという方法です(条件やオッズ等は考慮しません)。



一応先週の該当馬を調べてみました。


5月17日(土)
【0-1-2-2】 単勝回収率 0.0% 複勝回収率302.0%

5月18日(日)
【3-1-1-5】 単勝回収率107.0% 複勝回収率114.0%

トータル
【3-2-3-7】 単勝回収率 71.3% 複勝回収率176.6%



単軸馬といいながら複勝回収率の方が高いのが気になりますが、
ここはいずれ波乱パターンの的中で巻き返してくれそうです。



またこちらの記事ではクワトロランチャとの組み合わせを書いていますが、
この記事と同じような感じ(馬体重・馬齢・乗り替わり)で狙うと、
5月17日東京12Rの3連複36740円や馬連4130円などが的中しています。



どうぞ参考にされてみてください。


▷ ゾーンレベルのレビューと特典のご案内ページ


コメントを残す

このページの先頭へ