丹頂ステークスは指数5位内の決着でした。

先週、9月1日(日)の函館メインレースは丹頂ステークス。

丹頂ステークスは2012年に新設されたOP特別ハンデ戦。



2012年は札幌芝2600Mにて行われましたが、
3連複配当が77,630円という大荒れの結果でした。


そして今年も3連複67,160円の大荒れ決着。


この大荒れ決着を予想したのが、
ビクトリーオッズの総合順位です。


丹頂ステークス
(ビクトリーオッズの出馬表を総合順に並べ替えた画像です)


総合順位5位→4位→3位の順番で決着しました。


BRAIN3もそうですが、
荒れやすいレース(この場合ハンデ戦)での指数上位馬は
まとめて独占するケースがよく見られます。


このレースをもうちょっと具体的に説明しますと、
ビクトリーオッズのマニュアルのP.21~にレース選定基準が
記載されています。


そこには勝負して良いレースと見送った方が良いレースに
ついて具体的に解説がされていますが、
それに沿って見ると丹頂ステークスはボックス買い推奨のレース。


なぜかというと、こちら↓

丹頂ステークス異常順位


赤色と青色(詳細はマニュアル参照)が指数上位馬に固まっていますよね?


こういうレースは指数上位馬で決着がしやすく、
逆にこの色が出走馬全体に広がっている場合には見送りが賢明というわけです。



あと、丹頂ステークスの出馬表を確認すると、
岩田康誠騎手がピンク表示になっていますね。


これは乗り替わりを意味しているのですが、
すべての乗り替わりがピンク表示されているわけではありません。


ビクトリーオッズは勝負度合いを見極めることも目的にしているので、
より勝負度合いが強いと思われる乗り替わりだけピンク色で表示されます。


結果、岩田康誠騎手に乗り替わった総合順4位馬が10番人気2着激走しました。




一方で販売者の方からはこんな販促メールが届くんです。


↓ここから

========================
◆8月31・9月1日の主な結果◆
○朝一異常馬
安定した高い馬券突入率を誇る朝一ランク別異常馬
特に特A馬・A馬は見逃すな!!

先週は土日全10頭中、7頭が馬券圏内
超強力軸馬をぜひともご堪能ください!!


総合順位6頭での先週の結果は…
日曜函館2歳未勝利・指数5-2-3位(7-2-6人気)で3連複9000円!!・3連単63420円!!
日曜函館オープン・指数5-4-3位(11-10-3人気)で馬連32520円!!・3連単576520円!!
日曜新潟3歳未勝利・指数6-2-5位(5-2-7人気)で3連複14330円!!・3連単85330円!!
日曜新潟3歳未勝利・指数1-5-2位(2-9-4人気)で3連複10060円!!・3連単61060円!!
日曜小倉新馬・指数3-6-4位(2-6-5人気)で3連複11910円!!・3連単63440円!!
日曜小倉500万・指数6-5-2位(13-2-3人気)で馬連22590円!!・3連単438680円!
たった6頭でこの配当!!
馬連32520円・22590円・4860円・3470円・3440円・3400円・3280円・2660円・2590円他的中!!
3連単576520円・438680円・85330円・63440円・61060円・36630円・24000円他的中!!

6頭対象でも人気薄を取り込めるからこその配当です!!
========================

↑ここまで


まあ確かにこの通りなのですが、
ビクトリーオッズはただ単純に指数上位馬を買うというソフトじゃなくて、
異常オッズからトータルで陣営の勝負度合いを見極められるソフトです。


マニュアルはソフトのインストール手順だけで終わるものでなく、
もう1冊の丁寧すぎる解説書がついています。


具体的にどう勝負レースを判断するか?

そしてどんな馬券を買うことが有効なのかを詳細に解説されていますので、
ぜひマニュアルを読み込みながらソフトを動かしてみてくださいね。


ビクトリーオッズの特典のご案内







コメントを残す

このページの先頭へ