阪神大賞典は買うならワイドでした

個人的にも見送るしかなかった阪神大賞典。


どうも3連単にしても何にしても買うべきものが
見当たらなかったのですが、


ゴールドシップがまず固いという時点で、
ゴールドシップを馬券から外すというパラダイムの
転換が求められました。


もちろん買わないという判断が大正解だったと思いますけどね。


少頭数で圧倒的なゴールドシップという存在に、
馬券をそいつ中心にしてしまっていたというのは、
馬券購入を見送った人も含めてほとんどの人に共通する部分なのではないでしょうか?


もしここでゴールドシップを馬券対象から外す馬券を検討できたのであれば、
狙うのはワイドしかありません。


ワイドフォーメーション
⑥⑧-①③(4点)


ここまで考えられるようになりたいものですね。


常にお伝えしていますが、
蒼天馬はこういった考え方を身につける為に必要な商材です。


表向きには3連単ノウハウですが、
最も効率的な馬券の買い方を学べます。


個人的にもレースが終わったあとに気づいたということがありますので、
改めて蒼天馬を読み込んで、効率の良い馬券購入のヒントを学びたいと思います。



蒼天馬のレビューです。






コメントを残す

このページの先頭へ