桜花賞にG1-ZERO選出馬が出現!noteをチェックしましょう。

明日行われるG1桜花賞にG1-ZEROでの選出馬が2頭出現していますよ。





レシステンシアやデアリングタクトの2頭が人気を分け合っている今年の桜花賞ですが、G1-ZEROの選出馬はもちろんこの2頭ではありません。


かといって超人気薄でもないので個人的には複勝中心に買ってみようと思いますが、G1-ZEROの選出というだけでなく当日次第ですがパフォーマンスホースEXあたりでも選出される可能性も高いので注目が必要だと思います(桜花賞で的中するかどうかは別の話ですが)。


またこの記事を書いている時点ではわかりませんが、ジャッジメントや超人などでも選出されていればなおさら期待値アップですね!


さて、G1-ZEROは買い目選出手順もシンプルな馬券術となっていますが、とりあえず買い目だけでも知りたい!というあなたのために、桜花賞の選出馬をnote(記事の下の方)にて公開しています。


桜花賞の選出馬2頭とsisetuchoの短評を書いていますので、すでにご購入いただいた方もぜひチェックしてみてくださいね。


G1-ZERO(ジーワンゼロ)|sisetucho|note
オッズもコンピも使用しない、前日完結型のシンプルかつ高期待値馬をあぶり出せるG1馬券術を限定公開します! 競馬商材や馬券術を数多く検証していると、馬券的に期待値が高くなるのが前走6着以下敗退や前走6番人気以下、乗り替わりなどのファクターで、こういったファクターをクリアした馬が回収率的なねらい目となる傾向にあります。 ですが、それが通用しにくいのがG1戦です。 前走大敗馬や低評価だった馬がかんたんに巻き返せるほどG1戦は甘くなく、また騎手の乗り替わり効果で勝てるような舞台ではありません。むしろG1戦では前走と同じ騎手が騎乗した方が好成績です。 つまり、G1戦については通常


コメントを残す

このページの先頭へ