ファイブスターはココを狙うのが今年のトレンド!

ファイブスターの☆5成績を検証していたら、実はこの条件を狙うだけで圧倒的な回収率を達成していました。


今年に入ってからのファイブスター☆5の成績は以下の通りです。


※2017年4月2日現在


条件を絞らずに単勝回収値92円ですからかなり応用しがいがあります。そして調べてみるとなんと1600万下~重賞レースという上級クラスに限れば勝率23.7%単勝回収値132円を達成していたのです。





よって☆5は上級条件で狙いましょうということで終わりになるのですが、もうちょっと深掘りしてみるとさすが上級条件だけあり血統にも成績の偏りが表れています。




回収値的に狙い目となるのが父サンデー系(うす緑色)と父ミスプロ系(うすだいだい色)の2系統。ちなみにサンデー系は芝だけで狙い目で、ミスプロ系は芝ダ両方とも高い回収値です。


先週行われたダービー卿チャレンジトロフィーを勝利したロジチャリスは☆5のダイワメジャー産駒。このタイプは積極的に狙っていきたいですね!


今週のファイブスターの更新が待ち遠しいな~(^ω^)


なお、今回ご紹介したパターン(1600万下~重賞+☆5)と相性が良いのはGeniusの◎○でありますことを伝達します。



>>ファイブスターのレビューはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ