2015年のエリザベス女王杯を勝利したマリアライトはパフォーマンスホースEX選出馬だった。

昨年のエリザベス女王杯を6番人気で優勝したマリアライトはパフォーマンスホースEXで買い目選出STEP3までをクリアした馬でした。


%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

最終STEPまでクリアしたのは8番人気5着のスマートレイアーのみで、STEP3をクリアしたのもマリアライト1頭。商材にも「状況に応じてステップ3まで残った馬を軸馬に」とされているので2頭を狙うのが基本ですね。


そしてレースパターン判定では3Bという上位人気馬の信頼度が低いレースパターン。このレースパターンから導き出されたお宝ゾーン該当馬はゼロ。


というわけで馬券としては最終的にスマートレイアーとマリアライトの単複を基本にするのが良かったといえます。


%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%99%e3%82%b9%e5%a5%b3%e7%8e%8b%e6%9d%af2015


(参考記事)11月の重賞はパフォーマンスホースEXに注目!過去5年毎年プラス回収パターンを公開します。


こちらの記事でお伝えしている「芝重賞(ハンデ除く)+マイニング1位~3位+休み明けもしくは休み明け2~3戦目」の該当は、さっそく先週(11月6日週)の開催で(1-1-2-2)単勝回収値123円複勝回収値145円と良いのスタートを切りました。


まあ過去5年のエリザベス女王杯はマイニング3位以下馬の好走が多いので、ここはパフォーマンスホースEXとあわせて狙ってみたいですね。


>>パフォーマンスホースEXのレビューはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ