単撃ロボと単撃ロボ2の合わせ技として使えるかも。

単撃ロボ2evolutionの能力Pは
上位人気馬を指数上位評価しやすいのですが、
能力P1位馬の中には
たまーに直前単勝7倍以上の馬が含まれます。



先週(5月22日週)でいえば21日(土)の新潟2Rがそうでした。

単撃ロボ2新潟2R

※クリックで拡大します。



能力P1位の⑮ヒメタチバナが単勝オッズ9.2倍で1着。


そこで調べてみたのですが、
4月~5月22日までの期間で能力P1位馬が
直前単勝オッズ7.0倍~19.9倍だった場合、
該当馬の単勝投資成績はプラス回収率でした。


単撃ロボ2evolution



大きな利益は出しにくいですが、
わずか1点で回収率112.2%が期待できるので
これはこれで狙ってみると良いと思います。



そして先ほどのレースでの能力P1位馬ですが、
前バージョンの単撃ロボでも爆撃P1位でした。


ヒメタチバナ


例えば前バージョン単撃ロボの爆マーク馬が
単撃ロボ2の能力Pでも高く評価されていたら
より狙い目になるのでは?と思ったのです。



爆撃P同士ではなく、
単撃ロボの爆撃Pと単撃ロボ2の能力Pの組み合わせです。



土曜日新潟3Rでも単撃ロボで爆撃P3位の爆マーク馬が
単撃ロボ2では能力P3位で1着(単勝2550円)。



逆に新潟7Rでは単撃ロボの爆マーク馬が
単撃ロボ2では能力P7位と低評価で14着凡走。



このように爆マーク馬が買いなのか消しなのかの
判断に使えるのではないかなと思います。



単撃ロボで期待値の高い激走穴馬を選出し、
その馬の好走率を単撃ロボ2の能力Pで判定するという感じですね。



ぜひ参考にしてみてください。



>>単撃ロボ2evolutionのレビューはこちら










コメントを残す

このページの先頭へ