もしダブルバブルとsisetucho注目のW対象レースだったら?

スターホース◆ダブルサプライズのアレンジ続報です。


これまでに繰り返しこのブログでもお伝えしている通り、sisetucho注目Rではスターホース(中穴3頭)がとても好走しやすいです。スターホース同士で決着することも度々ありますが、たまーにsisetucho注目Rがダブルバブル対象Rとなることもあります。



ちなみにダブルバブルというのは、スターホース◆ダブルサプライズを購入すると一緒についてくる特典レポートで、正式には「ダブル&バブルワイドフォーメーション」。


ダブルバブル


よりコンピ下位馬が激走しやすいレースを選んでワイドフォーメーションを狙うインフォレース出版さんのロジックです。



イメージ的にはスターホースからもダークホースからも激走し大波乱決着になるような。。



2015年12月5日~2016年2月7日の期間でW対象レース数は17で、さすがに対象レース数は少なくなりますね。



実はこのW対象レースを様々な角度から検証してみると、とても面白い結果になりました。ダブルサプライズだけでなく、対象レースの絞り込みに役立ちそうなのでぜひ参考にしてみてください。



スターホースの単勝と複勝

やはりsisetucho注目Rなのでスターホースが激走しやすい条件です。スターホース選出馬の成績は(5-3-4-30)勝率11.9%連対率19.0%複勝率28.5%単勝回収率113.0%複勝回収率82.1%。


スターホースが選出されない(ダークホースだけ選出)レースが3つありましたが、14戦5単勝的中で単勝回収率100%を突破していますので相性は良さそうですね。



ダークホースの単勝と複勝

ダークホース選出馬の成績は(0-2-2-47)。複勝率7.8%複勝回収率118.8%でした。選出馬の複勝率は低いですが、激走馬の配当が非常に高くて結果として回収率も高くなっています。


爆発力はスゴいですが、安定感に欠ける印象ですね。



スターホース→ダークホースへの馬連とワイド


馬連が14戦2的中で回収率290.0%でワイドが14戦3的中で回収率87.9%。的中率自体も大差ないのでもし狙うなら馬連フォーメーションが良いんでしょうね。



まとめ



以上のような結果となったのですが、実は今回対象レースとなった17つのレースでコンピ1位馬が勝利したのはたったの1つでした(2月7日東京12R)。つまり今回検証したW対象レースはコンピ1位馬が高い確率で負けやすいといえますね。


なお1着馬の平均コンピ順位は5.9位でコンピ中位馬が勝利しているのが分かりますね。勝負レースの絞り込みにも活用できそうですし、ぜひ参考にしてみてくださいね。



>>スターホース◆ダブルサプライズのレビューはこちら


コメントを残す

このページの先頭へ